残りの人生をハッスルするブログ

アングラスポット巡りがしたい!

縄の魅力に感激して緊縛講習会へ行ってきた話

去年の夏頃から謎の好奇心が働いて、SMというジャンルにおそらく普通の人よりも多く触れてきました。

そこで出会った人たちのお話を聞いたり、実際に人が縛られている場面を目の当たりにしたり、ショーを見たりなどして、ついにわたしも「人を縛ってみたい!!!」という気持ちに駆られました。

 

これが私のクレイジー好奇心です。

これまでの人生で経験してないことは、たとえ怖いことでもヤバイことでもとにかくやってみよう精神をもつことが大事です。

わたしは自分のこういう性格が結構好きです。

 

 

5月某日、わたしは緊縛の講習を受けるため、とある場所へ向かいました。(会場の場所や、どのような方法で講習の情報を手に入れたかは伏せます)

 

会場には10名ほどの男女が参加しており、わたし以外はおそらく常連さんでした。皆さん仲良さげに談笑をしており、本当に講習会なのか?と拍子抜けするほどでしたし、もっとハプニングバー的なヤバイ会だと思っていたので安心しました。(本当にヤバイ会だったら全力で逃げようと思っていた)

 

お酒やソフトドリンク、お菓子を食べながら、会のオーナーさん?がこの講習会の歴史やSとMが気をつけなければならないことなど、真面目なお話をしてくださいました。

わたしが初めてSMバーへ行ったときも、そこのオーナーさんがSMプレイ中での注意点をお話してくださったのですが、共通している部分が多くありました。

 

心身共に、S側がM側のサポートをしっかりしなければならないこと。

たくさん縛りたい気持ちはわかる。しかし、少々物足りないくらいでやめておくことが大事であること。

やりすぎた結果、半年間腕が痺れたままになってしまったMがいること。

万が一M側に何かあったときに、S側は責任を取れるのか?ということ。

 

たくさんの深いお話を聞かせてくださり、大人版の道徳の授業みたいでした。

Sイコールただ単に虐める側、という固定観念がこのブログを見ている人の中にもあるかもしれません。しかし、SとMの信頼関係がとても大切ということが分かります。深イイ!

 

 

そうこうしているうちに、いよいよ講習が始まります。

わたしが事前にアマゾンで購入した縄は、一般的なSMの縄と違っていたそうなので、

 

f:id:zkym333:20170726203740p:image

 

オーナーさんの縄をお借りしました。しかもたくさん!

わたしは10メートルの縄をひとつしか持ってきていなかったのですが、みなさん大量の縄をお持ちでした。10メートルで充分だと勝手に思っていましたが完全に間違っていました。。上半身だけ縛るのにもみっつは必要でした。

 

そしてオーナーさんに隣で指導して頂きながらモデルの女性を縛っていくのですが、もう暑い暑い!!

クーラーが付いている筈なのにめちゃくちゃ汗をかきました。縛るのってすっごく大変なんですね。

 

 

まず手順が覚えられない!

どこに縄を回して何周するのかとか、初心者にはとても複雑に感じました!縄と縄を繋ぎ合わせるのも最初は全然出来なかったし、オーナーさんがいなくなると途端に次の手順が分からなくなります。何度も同じ説明をさせてすみません…という気持ちになりました。これはもう何度も縛って覚えるしかないですね…。

 

次に、縛りの力加減がわからない!

わたしは最終的な見栄えをすごく気にして縛っていたので、受け手の気持ちを気にする余裕がありませんでした。縄が緩いのかキツイのか、ちゃんと確認すべきだったなと思います。大切な体を使わせてもらっているわけですから。

 

最後に、やっぱりMを気遣う気持ちが大事!

講習を受けているなかで、受け手を気遣う部分がたくさんありました。

縛る際は、血管の位置を気にするとか、鎖骨から縄を外すとか。

縄を解く際は、縄が受け手の顔に当たらないように避けてあげるだとか、腕から先に縄を解いてあげることで、早く楽にしてあげるようにするとか。

 

本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。縛りに興味がある人って結構いると思うんですよ。カップルとかがなんとなくやってみようぜ〜みたいなノリで。でも今回の講習を受けて、縛ってみたいならちゃんと習ったほうが良いと思いました。想像以上に深い世界です。

 

また、講習を受けてより一層ちゃんと縛れるようになりたい!という意欲が湧いたため、とりあえず目標として24歳になるまでに23人縛ろうと思います!

これからも定期的に講習会に通おうと思いますので、先日SNSで繋がったみなさん、今後ともよろしくお願いします(´ω`)

 

 

ちなみに一応補足しますが、わたしは縛ることで性的興奮を覚える人間ではありません。笑

 

 

余談ですが、講習会に行ってきたことを友人に伝えると

「もういよいよお前がどこを目指しているのか分からない」「どんどん進化するのやめて」

などと言われるようになりましたが、こういう経験をすることで「人生の濃度」みたいなものが濃くなると思うんです。わたしは去年あたりからアングラな世界に浸かり始めたのですが、別にアングラじゃなくても、知らない世界を知って学んでいくことは人生を豊かにするひとつの方法だと思います。わたしの場合はそれがアングラだっただけですね。

 

それに、こういう経験をしてから会話の引き出しがめちゃくちゃ多くなりました。おじさんとかこういう話大好きだし、話すとかなり食いつくんですよね。それで「君面白いな!」って気に入ってもらえることも増えて、良いことだらけです。(わたしは根っからのおじさん好き)

 

てなわけで、つい最近の講習会でまた新たに2人縛らせて頂けたので、目標達成まで残り21人!がんばって達成したいと思います〜〜!ではでは!

 

 

ちなみにこのブログ記事は仕事が暇すぎて業中に書きました。ありがとうわいの部署。