読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みが暇すぎたのでストリップ劇場へ行った話

※今回高校生以下はあんまり見ないでほしいです~!


先日書いたSMバーの記事が割と好評だったようで少しばかり調子に乗っている私です。今回お伝えするのは「ストリップ劇場」について。

ストリップとは、舞台上で主として女性のダンサーが、音楽に合わせ服を脱いでいくさまを見せる出し物である。古くからの大衆の性的娯楽の一つとなっている。(ウィキペディア先生より)

 

SMバーといいお前はそういう世界が大好きだな!このお下劣女め!と、そろそろ誰かしらに罵られそうで怖いですが、好きというか自分の知らない世界を見てみたいだけなんですよね。多少怖い思いをしても「知りたい」という欲求には抗えません。人生一度きりですから。

 

さて、私が訪れた劇場は岐阜柳ヶ瀬に存在する「まさご座」です。

終戦直後より伝統芸能を中心とする演芸場として営業していたが、1960年代以降にストリップ劇場に業態変更したと言われている。(ウィキペディア先生より)

とても歴史の長い劇場のようです。

 

多少の下調べを済ませ、友人を誘っていざ出陣!と思っていましたが、誘ったら来てくれそうな友人とは予定が合わず、元々友人の少ない私は他に誰を誘えばいいか分からず、結局一人で行くことにしました。さ、寂しくなんてないぞ…!そんなことないんだからな…!……友達ほしい(;´・ω・)


西柳ヶ瀬のキャバクラ街を通りすぎると分かりやすく門があります。

f:id:zkym333:20160914141733j:plain
その奥へ進んでいくと、どでかく「MASAGOZA」の文字がギラギラと主張しており、田舎道との絶妙なアンバランスを生み出しているのでとても見つけやすかったです。

f:id:zkym333:20160914141818j:plain

 

いざ入場。
入場料は、男性4500円、女性1000円!やっす!
他にも学生割引や早朝・夜間割引もあるので男性の方は色々調べてみてください。
当たり前ですが18歳未満は入場できません。

 

私が入場したのは18時から20時半までの3公演目ですが、まさご座は一度入場料を払えば開演から終演までいつまでもいて良いです。また、10分までなら外出可能なので近くのコンビニへ行ってご飯も買いに行けます。

 

客数は平日だからか20名程度と少なめ。そして女性客は私しかおらず、その為男性客から物珍し気にチラチラ見られました。
舞台から近すぎず遠すぎない席に座り、いよいよ開演。胸が高鳴ります。
私の勝手なイメージですが、ストリップ劇場のダンサーさんは熟女が多いと思っていました。

 

しかし!
ステージに現れたのは、オレンジ色のフリフリの衣装を身に纏っためちゃくちゃ可愛いお姉さんでした!その時点で既に私は唖然。こ…こんなにも可愛いお方がこれから素っ裸になるの!?な、なんて世界だ!!!

 

お姉さんはプリンセスプリンセスの「世界で一番暑い夏」をBGMに、アイドルの如くキラキラできゃぴきゃぴな笑顔を会場中に振りまき軽やかに踊っていました。正直これだけで満足できたし、普通にAKBにいてもおかしくない可愛さでした。

 

彼女の可愛さに目を奪われているうちに1曲目が終了。2曲目はこれもまたプリプリの「M」。
するとお姉さん、踊りながら一枚一枚衣服を脱いでいきます。その様が非常に美しく、1曲目のアイドルのコンサートのような雰囲気から一転して、徐々に官能的な雰囲気が漂い始めました。曲に合わせてゆっくりと脱いでいくお姉さんは本当にキレイで、ストリップ劇場をただのエロい場所だと思っていた自分を全力で殴りたくなりました。

 

お姉さんの身に纏うものが下着のみになったところで3曲目へ。


そしてついに~~~!!!全裸!!!全裸!!!わぁ~~~!!!なんだこれ~~~!!!すご~~~!!!ていうかやっぱえろ~~~~~!!!!エロい場所だ~~~!!!(突然の語彙力喪失)

 

お姉さんめっちゃキレイ…めっちゃ肌スベスベやん…人のお尻ってあんなにツルツルしてるものなの?えっ、ていうか、えっそんなとこまで丸見えにするの!?えっマジ?マ?そマ?うわっすごっ体勢やばない?ちょ、うわっブリッジみたいな体勢になった…えっなんちゅう体勢をキープしとるんや…体やわらかっ…おっさん達拍手し始めた…私も拍手しよ…ていうかこれは拍手どころの騒ぎではないな…スタンディングオベーションしてもいいレベルだよ…これマジでほんとすご…見入るわ…

 

という感情が一気に溢れてきてもう頭完全にバグりました。なんというか、視覚の暴力。22年間生きてきて初めての光景が次々に襲ってくるので脳の処理が全く追い付かないです。衝撃がすごい。これはもう見に行ってくださいとしか言えないです。上手く言葉で表現できない。

 

3曲終わったところでAKBでいう握手会的なものが始まりました。500円払うとお姉さんの写真が撮れるみたいです。順番待ちによるおじさん達の行列もすごい。そんなこんなで持ち時間が終了。(後でお姉さんをグーグル先生で調べたところ、私と同い年の22歳でした。なんというか…人生って本当にそれぞれの道があるのだな…と思いました。)


呼吸を整える暇なく次のダンサーさんが登場します。全員分詳細を書くつもりはないので簡単に感想書きます。

 

2人目→美人。めっちゃ美人。天井から吊るされたカーテンみたいな布によじ登って大胆なポーズを全裸で決めていました。ポールダンスの布バージョンみたいな。その為お姉さんの腹筋はシックスパック。これは本当にエロというよりも芸術。

3人目→30代後半ぽい熟女お姉さん。この人だけはダンスではなく、保健室の先生設定の劇みたいなことをやっていました。もろエロって感じ。全員ダンスをすると思っていたので頭を鈍器で殴られたかのような衝撃に見舞われました。

4人目→30代後半ぽい色気むんむんお姉さん。なんかもう何やっていたか忘れました。衝撃が強すぎて3人目の終わりあたりから記憶があんまりないです。覚えているのは、お姉さんがお客さんみんなとジャンケンをして勝った人がお姉さんのパンツを脱がせられる、みたいなゲームをしていました。私は負けました、悔しい。

 

まとめますと、ストリップはやはり「芸術」でした。そりゃあめっちゃエロいですよ、エロの極みです。しかし、それ以上にダンサーさんの全身を使った表現に圧倒されます。また、同性だからこそ見に行く価値のある場所なのでは、と思いましたダンサーさんの身体が本当に美しいので美意識高まります。


そういえば途中で「1人で見に来たの?」と、常連らしきおじさんに話しかけてもらえました。雑談しながらストリップ劇場の楽しみ方を簡単に教えてもらえたので共有します。

 

Q.平日と土日、行くならどっちがいい?
A.混んでるけど土日のほうが楽しい。立ち見になるかもしれないけど、客が多い方が拍手も大きくて盛り上がりも良いからおすすめ。

Q.1日4公演やってるけど何公演目に行くのがおすすめ?
A.何公演目がおすすめかは分からないけど、1日2公演は見たほうがいい。それくらいの時間の余裕をもって来たほうが楽しいよ。ダンサーさんがちょっと違う演目をしてくれる時があるからね。

Q.写真撮影会の500円はダンサーさんが全額もらえるの?
A.全額まさご座のお金になるのでダンサーさんには一切入らない。しかしその撮影会でダンサーの人気度が分かるから、人気が高い人はまた劇場に呼んでもらえる。

 

あとはおすすめのダンサーさんを教えてもらえたりしました。それとやはり女性が1人で来るのはだいぶ珍しいと言われましたし、なんとなく危ないから友達と来たら?と言ってもらえました。女性の方は参考にしてください。とても気さくなおじさんで少し仲良くなれたのでまた会えたらいいな。


そんなこんなで!とてつもないものを見てしまった…という気持ちを抱えおぼつかない足取りでまさご座を後にしました。これは定期的に行きたい場所に勝手に認定。ダンサーさんも定期的に変わるので色んなお姉さんを見に行きたいと思います。

 

次は普通に裁判所に行ってみたいので行ってきます~。珍しくもなんともないのでブログ記事にはしませんが。
あと皆さんがオススメする珍しい遊び場があれば教えてほしいです。また、「行ってみたいけど勇気が出なくて行けない!」って場所もあれば是非ともお知らせください。行って報告しますので。

 

ではでは、もしまさご座に興味持った方がいらしたら一緒に行きましょ~~~!