ノリと勢いで歌舞伎町のSMバーへ行った話

はじめまして、ざきやまです。

続くかはわかりませんが、珍しい体験をブログにて綴っていきたいと思います。

 

簡単に自己紹介

・岐阜在住の女

・大学4回生の22歳

・オタク気質

 

初記事となる今回は「SMバー」について。初でこのテーマはディープ過ぎですが、とにかくたくさんの人に知ってほしかったので。

 

8月中旬。

私はオタクの祭典、コミックマーケットへ行く目的で岐阜から東京へ繰り出しました。

目的も果たし無難な観光スポットも巡り終わった後は、東京在住の友人と合致し久しぶりの再会を楽しんでいました。

居酒屋でいい具合に酔ってきた私は、元々行きたかったゲイバーか、某名古屋OLのブログ記事で興味をもったSMバーのどちらかへ行ってみたいと提案したところ、友人は秒でSMバーを選んでくれました。すごいですね。

 

そしてついに、あの歌舞伎町へ足を踏み入れました。当たり前ですが岐阜柳ケ瀬のキャバクラ街とはまるで違いますね。初心者がノリでひとりで行ったら痛い目を見そうです。

 

さっそく無料案内所でおすすめのSMバーを聞きに行きました。

正直、歌舞伎町だし案内所へ行けばSMバーくらい簡単に教えてもらえるだろうと踏んでいましたが、なんと意外や意外、SMバーに辿り着くまでが結構大変でした。

案内所のお兄さん曰くSMバーは歌舞伎町にはあまりないらしく、あったとしてもガチのプレイをするところになってしまうらしいです。

てなわけで、SMバーに詳しいお兄さんを次から次へととたらい回しのように巡ることになりました。お兄さんの「50メートルくらい離れた場所に男性いるじゃん?あの人ならSMに詳しいと思うよ!でも俺が教えたって絶対言わないでね!」という言葉を信じて、数人目のお兄さんでようやくSMバーに行くことが趣味だという方に辿り着きました。

 

無精ひげを生やした不愛想なお兄さん、いやおじさんは、「SMバーへ行きたい」と私が言うとノリノリになっておすすめのお店を教えてくれました。ありがとうございました。

(後日談ですが、それでもここまですんなり教えてもらえたのはラッキーだったようです。普通なら辿り着かないと店のお姉さんは教えてくれました。)

 

歩いて数分、とあるビルの中にその店はありました。エレベーターで目的の階まで上がり、店の前まで辿り着くと扉には「会員制」の文字。

案内所のおっさん!信じてたのに!またお店探しからやり直しかい!と絶望したところ、近くにいた出勤前風なお姉さんが「この店に入りたいんですか?」と声をかけてくれました。

入りたい旨を伝えるとすんなり案内してくれました。会員制と書いてあるけれど別に一見さんでも大丈夫らしいです。

 

店内は思いのほかこじんまりとしていて、カウンターもテーブルも数席ほど。スナックのような場所をイメージしてもらえればいいかと。

しかし、店内の照明はピンクパープル。淫猥な雰囲気が十分醸し出されており、また店奥には縄・ムチ・鎖などが数多く天井から吊るされていました。

 

正直結構ビビッていましたし、初心者は帰れ!とか言われるんじゃないかな、と不安でいっぱいでした。ですがその店、かーなーりアットホームで拍子抜けしました。お店のお姉さんも常連さんと思しきお客さんも、みなさんとても温かく迎え入れてくれました。

 

入店するとまずはアンケートを記入。

・あなたはSですかMですか?

・どんなプレイが気になりますか?

みたいな感じ。本当はもっと細かいです。

 

その後料金設定の説明をされます。

そのお店は

女性:2000円 男性:10000円 くらいです。

女性が安くてびっくりしました…!

 

あとはキャバクラみたいにお姉さんがお酒を持ってきてお話をしてくれます。

お姉さんはドレスでなくボンテージ姿ですが。

 

お姉さんと軽くお話をしていると、隣でパンツ一丁のお兄さんがお姉さんに縛られていました。それを見て私のクレイジー好奇心が爆発した為、私もお兄さんの隣で縛ってもらうことにしました。(服はちゃんと着たままです)

 

縛ってもらった感想ですが、なんかこう、す、、凄かったです

初心者なので比較的軽めに縛ってもらえたんですが、それでも息をするたびに縄が食い込んでくる感じが病みつきになりそうでした。あと縛ってもらう時にお姉さんとめちゃくちゃ至近距離になるというか、密着度が半端なかったのでドキドキしました。SMバーに行くなら一度縛ってもらうことをおすすめします。

 

その後縛られた状態のままお姉さんとお話をしていたところ、お店のオーナーさんがやってきました。そのお方はSM界では知る人ぞ知る有名人らしく、今まで数多くの有名AV女優を縛ってきたそうです。めちゃくちゃオーラのあるお方で、ひと目でただ者じゃないと分かります。見た目は50代くらいですが恐ろしい程に色気がありました。おそらく今までたくさんの修羅場を経験したんだろうな...そうでなければあんなオーラは出ない...。

 

オーナーさんは見た目とは裏腹に(失礼)笑顔で話しかけてくれました。

「SMバーは初めてなんですか?へぇ~そうですか~いいですね~」

なんて他愛のない会話をしたところでSMについて色々質問してみました。

 

Q.SMでいちばん大切なことは?

A.「心」である。心が繋がっていなければレイプと同じ。

 「何をされるか」ではない。「誰にされるか」が重要。

 

Q.Mが大切にしなければならないことは何ですか?

A.プレイ中は力を抜くことと、嫌なことはハッキリ口にして嫌だ、と言うこと。一歩間違えればトラウマになるかもしれない。

 

Q.言葉責めは一番簡単そうですが実際はどうなんですか?

A.実は言葉責めが一番難しい。その日その日によってMが喜ぶ言葉は違う。たまにAVで「今何をされてると思う?」と状況をMに言わせる言葉責めがあるが、あれは間違い。なぜならMを一瞬でも冷静にさせてしまうからだ。Sが状況を教えてあげることが大事だ。

 

な、なるほど!!!

というわけでプロの言葉責めを体感させて頂きました!!!

 

えっ、えっ、えーーーーっと、、、

 

 

 

 

 

すっ、、すごかった、、、本当にすごかった、、、

 

プロってすごい...あれはあかん...死ぬかと思った。

まるで催眠術をかけられたかのようでした。

ほんの20秒ほど耳元で囁いてもらえただけなのに、「私はこの人に逆らえないし逆らってはいけない」と本能で察知しました。

おそらくその後の私、オーナーさんの話を聞いているときだけめちゃくちゃ姿勢が良かったと思います。多分この人の傍にずっといたらヤバかったと思うし、従順な犬になっていた気がします。

言葉責めされた文章を一字一句間違うことなく別の人にされたとしても、絶対に同じ感覚にはならなかったです。素人じゃマネできない「技」でした。長年やってきた人にしかできないプロの技です。

 

てな感じで一通り楽しんだので縄を解いてもらいましたが、縄を解くまでがプレイなのですね。解かれる瞬間も楽しかったです。

 

ここまで結構楽しんだ様子を綴っていますし、また関東へ行くときは顔を出したいなと思っていますが、オーナーさんやお姉さん曰く、私のように初めてでここまで楽しめる人は珍しいそうです。

8割~9割くらいの人は興味本位で来てもちょっと引いてしまうらしい。

まぁ、確かに私が縛られてる左隣ではパンツ丸出しにしたお客さん(女)が四つん這いになってムチで叩かれていたり、右隣ではこれもまたパンツ丸出しにしたお客さん(女)がムチよりももっと痛そうな道具で叩かれてお尻から血を流していましたね。

私はだいぶ珍しいタイプみたいなので、このブログを読んで興味がわいた人がいたとしても、潔癖な人や育ちのいい人は行かないことをおすすめします。

 

しかしまぁかなり良い経験になりました。やはりお店の方々の温かさや常連さんの迎え入れてくれる雰囲気がすごくよかったです。帰宅後オーナーさんと縛ってくれたお姉さんをさっそくツイッターでフォローしました(笑)

そしたらなんとお姉さんからリプライをもらい、

「また東京へ来てくれたら今度はお茶しましょう(*^_^*)」

と言ってもらえて死ぬほど嬉しかったです…。お姉さん大好きです…!

 

こんな感じで珍しい出来事をお届けしていこうと思いますのでよろしくお願いします!